囚われないカラー診断・骨格診断

カラー診断が巷に浸透してきて、どの位経ったでしょう。

雑誌でも自分がどのタイプか診断できるような記事がありますね。(因みに、私個人はこの手の診断では実際と全然違う結果になりますけどね・・・。)

私は、4タイプに分けるカラー診断を学びましたけれど、他にも12分類や16分類と言ったものがあります。

 

ただ・・・、それって使いこなせる人、いるのかなあ?なんて感じることがあります。

確かに、私はカラー診断をするときに、4分類の中でもお客様により似合う色(パーソナルカラー)を選んでおります。

でも、お店で売られている服は、そんなに色の種類がありません。

それに、着たい服着ればいいじゃないですか。

 

それと・・・最近分かったんですけれど、自分が好きで着ている服の色がラッキーカラーだったことに気づいたんですね。

なので、そういうこともトータルで考慮して服を選ぶと良いかな~と思っています。

一歩進んだカラー診断!・・・ですね。